Archive for 6月, 2016

カフェで新しい料理が入っていた為食べてみた事

買い物帰りに珈琲が飲みたくなった為カフェへ行って来ました。

ここのカフェたまに利用させて頂いています。

本当は珈琲を飲む為に入ったのですが、メニューを見ていたら新しい料理が増えていました。

これは食べた事がないと思いちょっと気になった事もありま、お腹は空いていなかったのですが注文してみる事にしました。

そして私が注文したものはボルシチチーズのセットです。

これロシア料理の一つみたいでしたね。

具が色々と入っていて上にはチーズがたっぷりとかかっていました。

とろとろのチーズと野菜を一緒に食べてみたらとても美味しかったです。

熱いのでかなりチーズものびていましたね。

本当これはパンには凄く合うスープだなと思いましたし、好きな人にはお勧めな料理かなと思います。

私もそこまでくどくもなくあっさりとしたスープと言った感じで食ベやすかった事もありお腹が空いていなくても食べられてしまいましたね。

それ位軽い感じもしました。

それとこの料理これ以外にもう一種類あったので、次回行った時はもう一つの方も食べてみようと思っています。

今回時間的に中途半端に食べた事もありまして、その後全くお腹が空きませんでした。

なので何か軽い物がいいかなと思い蒟蒻麺とサラダを使いサラダ風のラーメンにして食べました。

こういった中途半端に食べる事よくあるの、そういった時はこういう感じでカロリーを抑えて食べるようにはしていますね。

パインシェイクが凄く美味しかった事

最近マクドナルドで新しいシェイクの味でパイン味が出ていました。

沖縄パインのシェイクと言う事で絶対美味しいと思い、早速買って飲んでみる事にしました。

以前からこの味は出ないかなと思っていたので、出てくれたのが凄く嬉しかったですね。

そして買ったシェイクを早速飲んでみたら凄く美味しかったです。

旅行で沖縄に何度か行った時にいつも買うブルーシールアイスのパイン味が好きでよく食べるのですが、このシェイクそのパインアイスの味に凄く似ていました。

触感はシェイクなのでそこは違いますがブルーシールアイスを食べているような感覚にはなりました。

こんなに味が近いものになるとは思っていなかったので何かブルージールのアイスも食べたくなっちゃいましたね。

他にも沖縄フェア等も開催されていたりしますが、時期が決まっていますしね。

またこのシェイクの味も期間限定ですが、私としてはずっと販売してほしい位ですね。

パイン味って意外と他の味に比べると後味がさっぱりしているので飲んだ後のくどさもあまりなく凄く良いと思いますが、期間限定と言う事で短い期間でしか飲む事が出来ない為その間は出来るだけ買って飲みたいなとは思っています。

こういった時じゃないと中々飲めませんからね。

最近、読んだ小説 

とても話題になったので、多くの皆さんがご存知の火花。

芥川賞を受賞し瞬く間に時の人となった又吉直樹さんの処女作です。

遂には、NETFLIXでドラマ化も決定しました。

主人公の徳永がお笑い芸人の神谷に弟子入りするところから、物語が始まり、そこからの二人の掛け合いが絶妙です。

しかし、順調に行く徳永に対し、神谷はどんどん落ちていきます。

その比較もまたうまく表現されており、一気に読み進みました。

お笑いは、見るもので自分がやれるとは、到底思えないし、やりたいと思った事もありません。

この小説を読んで人を笑わすことが、いかに難しく、また人を幸せにすることなのかもしれないと思いました。

神谷は借金がどんどん膨らんでいったけれど、自分のスタイルは変えないでいました。

一見、格好良いし出来るものなら、やってみたいとは思いますが、そんなことできるはずがありません。

生活が出来なくなってしまいます。

それでも神谷はそれを貫き、四六時中芸人でいました。

立派なこととは言い難いけれど、その姿勢は尊敬に価します。

一方、徳永は10年でお笑い芸人を辞めます。

10年間やり尽くし、笑いの為に捧げた舞台を後にします。

神谷は一生漫才師であり続けるだろうと、最後に徳永が言っています。

私もそうあって欲しいと思います。

主婦でも取れる資格

子育ても少し落ち着いてきたころ、ちょうど主人の生命保険が満期になり、私自身も医療保険に加入していなかったこともあって、保険の勉強をしようと思ったことがきっかけで、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取ることに決めました。

とは言っても、机に向かって勉強するのは学生以来。

まとまった時間が取れるのは一日にほんの数時間で、最初は資格までは無理だろう、保険の知識が少しでも付けばいいや、ぐらいに思いながら少しづつ進めて行きました。

毎日やっていくうちに、保険だけではなく、不動産や税金といった日常生活に役立つ知識がどんどん付いてきて楽しくなり、勉強を始めて5か月でFP3級、その4か月後にFP2級を取得することが出来ました。

その後すぐに、習得した保険の知識を利用して、主人と自分に合った保険を選んで加入しました。

それが最適な保険であるかどうかは分かりませんが、少なくとも自分自身はとても満足していますし、主人からも感謝されています。

また、FPの知識は家計管理にもとても活かされているので、勉強して本当に良かったと思っています。

今季一面白いと断言できるドラマ

毎週日曜日に放送中の日テレ系ドラマ「ゆとりですがなにか」。

数々の名作を世に生み出してきた脚本家宮藤官九郎のオリジナル作品です。

このドラマ、本当に面白いです…!

今クールで一番、いや、ここ2〜3年でもこれ以上のドラマには出会っていませんね。

タイトル通り「ゆとり世代」の若者たちの日々の奮闘を描いたドラマです。

毎日のなんとも言えない息苦しさを、世代や時代のせいにはしていられないという現実。その葛藤や怒り、情けなさ。

何もかも上手くいかないけれど、それでも一生懸命もがいている主人公たちの姿にいつも心が突き動かされます。

「生まれたくてゆとり世代に生まれたわけじゃない」

ドキッとする台詞があちこちに練り込まれています。

主演の岡田将生、その友人を演じる松坂桃李、柳楽優弥自身達も同じくゆとり世代。

その周りを固める脇役陣も吉田剛太郎や安藤サクラなど超豪華です。

クドカンファミリーと言った名脇役たちももちろん出演しています。

何といっても、その演技の上手さに毎回ハッとしてしまうのが柳楽優弥演じるマリブくん。

彼が発する乱暴なんだけど重たい言葉は、俳優自身の言葉なのではないかと感じてしまう程リアルです。

完全に役が乗り移っていますね。

彼には今年の最優秀俳優賞をあげたいくらいです(まだ今年半分あるけど)。

どの役やシーンを切りとっても、素晴らしいの一言です。

クドカンワールドなおふざけあり、爆笑シーンあり、ジーンとする家族愛もあり、いつものヘンテコな恋愛だってあります。

「うまくいかないことばっかなんて、お前だけじゃないんだよ」

「それでもやるんだよ。目の前のこと必死に続けるんだよ!」

(※台詞は正確ではありません)

そんなメッセージに胸が詰まり、そして見終わった後なぜか背中を押されていることに気付くのです。今を生きなくてはいけないと。

私の生きる糧となっているこの物語を、彼らの生きる勇姿をいつまでも見ていたいです。

もうすぐ終わっちゃうことを考えたくありません…。

まだ見てない人は絶対見た方がいいです!

途中からでも良いから!!

最近のマイブームはきな粉

きな粉には、イソフラボン・食物繊維・大豆タンパク質などの様々な栄養分が含まれているそうです。

そのことを知るまでは、私の中で〔きな粉=正月におもちを食べるとき、つけるもの〕という正月限定の存在でした。

おもちの付属物という扱いでした。

ちなみに、実家ではおもちを食べるのは正月だけと決まっているのです。

なぜそんなルールが決まったのかは謎です(笑)

さて、きな粉に豊富な栄養があると知ったとたんに私の中できな粉ブームが起きました。

おもちだとカロリーが高いので、おもち以外できな粉が使えないかと思い、いろいろな食品にきな粉をふりかけてみました。

試行錯誤した中で発見したきな粉トッピングにイチオシの食品は、ヨーグルトとパンです。

ヨーグルトの場合、無糖ヨーグルト+きなこ+はちみつがとってもおいしいです。

はちみつ抜きでもいけるけど、はちみつの甘さがある方が美味しく食べれる気がします。

試したことはありませんが、加糖ヨーグルトならはちみつ無しでも美味しいかもしれません。

そして、パンの場合はトーストしたパンにマーガリンを塗って、その上に砂糖をまぜたきな粉をふりかけるとすごく美味しいです!

パン屋さんできな粉がまぶしてある揚げパンを見てから、パンにきな粉トッピングが合うことを知りました。

最近は毎朝、きな粉トーストです。

ここで一つ注意しておきたいことがあります。

それは、調子に乗ってたくさんきな粉をかけすぎると、食べるときにムセてしまうということです。

実際、私はムセて、目の前にいた旦那に大量のきな粉を吹き飛ばしてしまい、めちゃくちゃ怒られました(笑)

きな粉は小さじ2杯くらい、砂糖は小さじ1くらいがちょうど良い感じです。

ぜひお試しください♪